トップ 子どもサイト 外国語活動 教科・道徳 研究・実践 ENGLISH サークル メール

TOSS型英会話の授業について

TOSS型英会話の授業は、子どもたちに英語で聞く力、話す力をつけさせる英会話授業指導法です。

文字、単語単位ではなく、ダイアローグ(Dialogue)単位で授業を組み立てます。

授業は、速いテンポでリズムよく進めます。速いテンポで授業を進める方が、子どもたちにとって自然な学習です。子どもたちが楽しく授業に取り組めますし、英語がより定着します。

授業は、基本的に全て英語で進めます。「状況設定」の活動がありますので、日本語を介さずにダイアローグの意味を理解させることができます。

「読ませず、書かせず、訳させず」を理念としていますので、英文を読ませたり、書かせたりはしません。つまり、中学校英語科の教科書を前倒しで行っているのではありません。

授業時数が増えてくると、既習のダイアローグを組み合わせて6文、8文、それ以上の、長いダイアローグでの会話ができるようになります。

授業では英語を定着させるため、ゲームやアクティビティを行います。

このサイトには、英会話の授業に活用できるゲーム、アクティビティコンテンツが多数あります。どうぞご活用ください。 TOSS型英会話の授業について、より詳しく知りたい方は、東京教育技術研究所、TOSSオリジナル教材のサイトから書籍を購入することができます。
明治図書から「TOSS英会話の授業づくり」誌を始め、様々な書籍が発行されています
TOSSランドから、TOSS型英会話の授業、理念、実践等について詳しく調べられます。
TOSS型英会話の授業は、「TOSS英会話セミナー」にて、授業のリズムとテンポを体感しながら深く学べます。
なお、このサイトのコンテンツを活用した指導案は、「ALTと行う小学校英会話の授業指導案集」「TOSS英会話指導案集」等に掲載されています。どうぞ、ご活用ください。

このサイトは著作権フリーではありません。 リンクについてもお問い合せください。