道案内の授業エピソード

道案内をする単元では,教室内に町を再現し,実際に身体を動かして道案内をさせます。

Where is the gym? の授業を実施してみて
Where is the treasure? タスクカード
Where is the treasure?

タスクカードを使った授業では,教師の思いもよらない「道案内」の様子が見られました。

エピソード1
「トイレットペーパーを買いたい」とのお題に,案内役が「大型ショッピングセンター」に案内したら, “No” との返事。理由は,「ドラッグストアの方が安いから」でした(「大型ショッピングセンター」も,「ドラッグストア」も,どちらも地図に入れていました)。

エピソード2
「勉強したい」とのお題に,「学校」ではなく「喫茶店」を案内したら “No” との返事。理由は,「コーヒーチェーン店の方が好きだから」(「学校」も「喫茶店」も「コーヒーチェーン店」も,全て地図に入れていました)。

エピソード3
タブレット型端末を使っていない案内役が,ずっと案内に成功。理由は,「コンビニの場所だけ覚えて,コンビニに連れて行ければどのお題でもうまくいくから」。

エピソード4
「先生に会いたい」のお題に,「学校」ではなく,教卓に案内した案内役がいました。「本当に先生がいるところ」との理由で,迷子役は “Thank you!” と満足していました。

Praat備忘録

Praat備忘録  その1
Praat 6.2.14ではサウンドエディターから選択範囲の時間を求めるために開始時刻と終了時刻から計算をしていましたが,Praat 6.3.03 (以降) では「Time」のタブができていて,便利になりました。DurationやPauseの時間を計る際,便利です。

Praat備忘録 その 2
Praat 6.3.03と,6.4.07ではピッチ曲線の出力結果が異なります。

Ver. 6.3.03 (Pitch setting 100-400Hz)

Ver. 6.4.07 (Pitch setting 100-400Hz)

パルスの結果も異なっています。

6.4.07 はデフォルト設定でも聴覚で確認した音に近く,Pitch setting を変えるとより聴覚通りの音に表示されるようです。

備忘録 Prosody Proの使い方

Prosody Proの使い方についての備忘録です。
スクリプトファイル (_ProsodyPro.praat) をダウンロード。
任意のフォルダを作成し,スクリプトファイルをフォルダ内に移動させる。
分析したい音声ファイルもフォルダ内に移動させる。

「1. Interactive labeling」を選択すると,フォルダ内のwavファイルを検出し,テキストグリッドを作成できる。複数ファイルがあるときは,テキストグリッドの記述を終えた後「next」をクリックする。
テキストグリッド記述後,諸データが作成される。
「ファイル名.actutimenormf0」「ファイル名.actutimesemitonef0」は,テキストグリッドの各項目内を10カ所に分け,実際の時間とfoが抽出されたタブ区切りテキストファイル。縦方向に記述される。

「3. Get ensemble files」を選択すると,以下の分析結果がそれぞれtxtファイルで出力される。

Ensemble files saved (以下,拡張子は全て.txt)
1) normf0txt
2) normtime_semitonef0
3) normtime_f0velocity
3a) normtime_f0acceleration
4) normtimeIntensity
5) normactutime
6) maxf0
7) minf0
8) excursionsize
9) meanf0
10) duration
11) maxvelocity
12) finalvelocity
13) finalf0
14) meanintensity
15) samplef0
16) f0velocity
16a) f0accleration
17) maxf0_loc_ms
18) maxf0_loc_ratio

「normf0.txt」には,「ファイル名.actutimenormf0」の時間の記述がなく,生周波数のみ記述される。「normtime_semitonef0.txt」は同様だが,セミトーンで記述されている。いずれも横方向に出力される。

I want a new pencil case. (単語数6 音節数7)

actutimesemitonef0

Z scoreを算出

(参考)各音節のZ score

Pitch setting 75-600

Pitch setting 100-400

Pitch setting 50-200

なお,外れ値の検出はサウンドエディターのピッチ曲線を参照するのがよいと思われる。

文: I want to be a pharmacist. (単語数6, 音節数8)

こちらはPitch setting75-600なので,設定次第で変わるかも。

職業の英語表記一覧

“What do you want to be?” の答えとして,児童が挙げた職業を記載します。バラエティに富んでいて,驚きました。

actor 俳優
actress 女優
artist 芸術家
backup dancer バックダンサー
baker パン屋さん
ballerina バレリーナ
baseball player 野球選手
basketball player バスケ選手
bus driver バスの運転手
business owner 自営業
cabin attendant フライトアテンダント
carpenter 大工
civil servant 公務員
comedian コメディアン
cook 調理師
dentist 歯医者
Disney cast member ディズニーキャスト
doctor 医師
EMT 救急救命士
farmer 農家
fashion designer ファッションデザイナー
fire fighter 消防士
fisherman 漁師
florist 花屋
hairdresser 美容師
lawyer 弁護士
manga artist 漫画家
nursery teacher 保育所の先生
office worker 会社員
pastry chef パティシエ
pharmacist 薬剤師
pianist ピアニスト
pilot パイロット
police officer 警察官
politician 政治家
professional gamer プロゲーマー
professional swimmer プロ水泳選手
professor 大学教授
professional athlete プロのスポーツ選手
remote worker リモート会社員
scientist 科学者
singer 歌手
soccer player サッカー選手
sports coach コーチ
swimming coach 水泳コーチ
system engineer システムエンジニア
teacher 教師
traveler 旅行者

発表をさせる際, “I can …” “I like …” “ I’m good at …” 等の既習文と合わせて文を作らせます。
その際のポイントです。

“I want to be …” と “I like …” は内容が近くなりがちです。
(e.g.) “I want to be a baseball player. I like baseball.”
ですので, “I like” は好きな選手等の方が話が膨らみます。
(e.g.) “I want to be a baseball player. I like Ohtani Shohei.”

“I can …” と “I’m good at …” も内容が近くなりがちです。
(e.g.) “I can play baseball well. I’m good at playing baseball.”
“I’m good at …” は,職業に関連する教科名を入れることができます。
(e.g.) “I can play baseball well. I’m good at P.E.”

その他,vet なら “I have (want) a dog.” civil servant なら “I like 〇〇.” (自分の居住地),また, “I want to study hard.” “I want to help people.” 等も使いやすい表現です。

ANOVA君の備忘録

ANOVA君の備忘録です。

ANOVA君の起動について
Rを起動。
*「ファイル」→「Rコードのソースを読み込み」(ファイルの種類を「All files」)。
*クリップボードのデータを読み込み
dat <- read.clip()

1要因参加者内
anovakun(dat, "sA", 3, auto=T, mau=T, eta=T)
※ 球面性検定の結果が有意であった被験者内効果について、Greenhouse-Geisser のεによる調整を行う。Mauchlyの多標本球面性検定を行い,効果量としてイータ二乗を算出する。

球面性検定の結果が有意であった被験者内効果について,Greenhouse-Geisserのεによる調整を行う。
auto = T

デフォルトでは,Mendozaの多標本球面性検定を行うが,Mauchlyの球面性検定を指定する。
mau = T

※ 偏イータ二乗を追加する。
peta=T

※ 結果をクリップボードにコピーする。
copy = T

※ 「全て」の被験者内効果に対してGreenhouse-Geisserのεによる調整を行う (auto=Tに統一したため,不要)。
gg = T

※ 差分調整型のLoftus-Massonの信頼区間つきの棒グラフを描写
bgraph = "cilmd"

ANOVA君では,多重比較でコーエンのd (cohen’s d)が計算されない。コーエンのdを計算できるサイト。
https://lbecker.uccs.edu/

二元配置分散分析 (Factor1 Between; Factor2 Within)
anovakun(dat, "AsB", 2, 3, auto=T, mau=T, eta=T)

語順カード用のプリント

光村図書出版 Here We Go! 6 Unit 5では,巻末カードを用いて語順を考えさせることができます。
この授業については,以前記載しました。

語順カードの使い方

今回,児童に配布するプリントを作成しました。

語順プリント(pdf)

表面は語順を考える際に活用します。
裏面は, “I” と動詞をなぞらせ,目的語にカードをのり付けさせます。作成したプリントを元に, “I like sushi.” “I play the piano.” と,4つの動詞を用いた児童同士の対話を行わせます。「全く同じ文面の児童を探そう」と伝えると,楽しく活動させることができます。

Google workspace 備忘録

Google workspaceの備忘録です。

Googleクラスルーム
複数のクラスにリンク等のデータを送る場合,「資料」を活用すると,一度の操作で複数クラスに「資料」を送ることができる。「資料」はストリーム,授業,どちらにも表示されるので,児童にも分かりやすい。

スプレッドシート
「表示形式」→「交互背景色」を活用すると,見やすいシートを作成できる。
「データ」→「フィルタの作成」で並び替えが容易になる。エクセルの「並び替えとフィルター」に相当する。その際,A列の左と1行目の上の四角をクリックしてから作成すると,一度に全列のフィルターを作成することができる。

スプレッドシートを,児童によって送り分ける方法
複数の「タブ」のスプレッドシート原本を作成する。不必要なタブを「非表示」にする。「授業」→「対象」を選択し,ファイルを指定した上で「コピーを配布」を選択することで,送信した時点のコピーが送付される。タブの表示,非表示を変更し,更に対象の児童にコピーを送付する。なお,生徒を選択する際,一度「すべての生徒」のチェックを外してから選択する方法が簡単。
「コピーを配布」で作成されたデータは,「マイドライブ」→「classroom」→「(クラスルーム名)」→「Templates – DO NOT EDIT」の中に,「[Template](ファイル名)」として保存される。
なお,教室のクラスルームで「手順」からスプレッドシートをダブルクリックしても,送信されたコピーファイルではなく,元ファイルが最新の状態で表示されるようである。

データの回収
通常は「クラスルーム」から回収するが,「課題」に元々資料が添付されている場合,更にデータを添付することになり,データが複数になるので混乱が起きる可能性がある。Googleフォームで「ファイルをアップロード」を活用する方がよい。回答をスプレッドシートに出力することで,一覧表からデータを閲覧することができる。その際,「名前」に合わせて「クラス」「出席番号」のプルダウンを作成しておくと,全てのクラスに同じフォームのURLを送ることができる。

フォーム
フォームを作成し,回答用URLを送信する際,フォーム編集のURLをそのまま用いても回答用URLとなる。但し,右下に「編集権限をリクエスト」の表示が現れるので,推奨されない。「送信」→「リンク」→「コピー」を用いることが望ましい。その際「URLを短縮」を用いると,wordにリンクを貼り付けた際等,正しく動作しないことがあるという。短縮しないことが望ましい。
作成に用いたアカウントで回答用ページを表示させている際,右下のペン(このフォームを編集)をクリックすると編集画面に戻ることができる。

スクリーンキャプチャー
保存先のデフォルトは「ダウンロード」フォルダになっている。
児童のアカウントを追加した共有ドライブを作成し,保存先に選択することで,キャプチャーしたデータを自動的に収集することができる。但し,だれが作成したデータかファイル名からは確認できない。
マイドライブの中に任意のフォルダを作成する。「共有」からリンクをコピーし,クラスルームのストリームに貼り付ける。児童がそのリンクをクリックすると,任意のフォルダと紐付けされる。このフォルダを保存先に選択することで,キャプチャーしたデータを自動的に収集することができる。また,「オーナー」が表示されるので,誰が作成したデータか確認することができる。但し,オーナーで整列させることはできない。
以上,キャプチャーしたデータを自動収集する方法が2つあるが,児童が作成したデータを確認する際,自分のデータがどれか分かりづらいのが最大の欠点である。また,接続が不安定な児童がでてしまう。
保存先を「ダウンロード」から「マイドライブ」に変更すると,アップロードする際にドライブの指定がしやすく,「最近使ったファイル」から選択しやすい。よって,保存先を「マイドライブ」に変更するのが,現時点では最も使いやすいと考える。