教科書巻末カードでの、「少ないカード」ゲーム

教科書巻末カードで、「少ないカード」ゲームに取り組めます。
「教科書巻末カードでのおはじきゲーム」を行った後、「少ないカード」ゲームに取り組むことがお勧めです。
同じジャンルのカード(目安として10枚〜15枚程度)の内、1枚を選んで切り取らせます。このゲームでは、「なるべく少ない枚数」のカードを持っている児童の勝ちになります。ですので、他の児童が選ばなさそうなカードを考えさせます。
カードを切り取らせた後、他の児童はどんなカードを持っているか、互いに情報交換をさせます。 “I went to the library.” “I went to the lake.” 等と、互いに自分のカードを紹介し合います。他の児童がどんなカードを持っているか探りを入れるため、ゲームで対話をする必然性ができます。この対話活動を通じて、表現を定着させることができます。
対話活動の後、書画カメラで1枚ずつカードを写し、 “How many people have the ‘library’ card?” (「『図書館』カードを持っている人は何人ですか」)と尋ねて挙手させ、人数を確認させます。1人しか持っている人がいなかったカードがあると、驚きの声があがります。

2回線は、対話活動を通じて、カードを交換できるルールにします。すると、児童は多くの友達と対話し、情報を収集しようとします。対話がより盛り上がります。

教科書巻末カードでのおはじきゲーム

新出単語や新出表現を定着させるとき、ゲームが有効です。楽しみながら、自然と定着させることができます。
教科書巻末にカードが添付されている場合、いきなりバラバラに切らせるには時間がかかりますし、もったいないです。
私はおはじきを7つずつ入れたジッパー付きの小袋を20セットほど用意しています。
まず、巻末カードをかたまりのまま(だいたい10枚以上)切り取らせ、おはじき小袋を配布します。
好きなカードの上におはじきを置かせます。私は、バラバラに切り取っているカードを持っています。
例えば、 “library” とカードを読み上げます。
児童は、 “library” の上におはじきがあれば、おはじきを取ります。おはじきがラスト1個になった児童は「リーチ」になります。「リーチ」の児童は起立させます。全てなくなった児童はビンゴです。

ただおはじきを取るだけでは、英語の勉強になりません。
まず、カードを読み上げ、次に書画カメラでカードを写します。音を聞いてどのカードか考える時間を与えた後、書画カメラで絵を提示することになります。最初から写してしまうと、英語を聞く必要性がなくなってしまいます。
次に、反復練習をさせます。思考の後に反復練習をしますので、定着しやすくなります。

「だれが、どこで」ゲーム英語版

6年生では “My summer memory” という、夏休みの思い出を振り返る単元があります。
この単元では、動詞の過去形 “ate” “saw” “went” “made” “enjoyed” “went” 等を扱います。
“enjoyed” は、動名詞 (〜ing) とセットにし、 “enjoyed shopping” のように表現します。 また、 “went” は “to” とセットにして、 “I went to the river.” のように教えます。
新出動詞に慣れさせるため、ちょっとしたゲームをします。
「だれが、どこで、何をしたゲーム」という遊びがあります。児童が、「だれが」「どこで」「何をした」のどれかを紙に記入し、それぞれが書いた内容をくっつけると、予想外の文章ができあがるゲームです。このゲームの英語版をします。
“I am ○○.” “I went to ○○. ” “I ate ○○.” “I saw ○○.” “I enjoyed ○○ing”. “I made ○○.” “It was ○○.” と書かれた紙を用意し、児童に1枚ずつ配布します。どのカードを受け取るか、児童は選べません。
「日本語で、○○に入る内容を書いてください」と指示し、紙を提出させます。提出させる際、どの紙をどこに置くか明示しておくと、同じ種類同士が集まるので、後が楽です。
「皆さんが書いた内容を、英語で繋げるので聞きましょう」と指示します。
集まった紙を、「だれが、〜へ行って、〜を食べて、〜を見て(〜に会って)、〜を楽しんで、〜を作って、〜だった。」のように読み上げるのですが、その際、英語に直しながら読み上げます。
児童は内容を理解しようと熱心に聞きますし、予想外の繋がりを楽しめます。
この単元では、初めて動詞の過去形を扱います。小学校では、過去形の動詞は現在形が変化したものではなく、新出動詞として教えます。そのため、敢えて不規則変化する動詞が多く用いられています。
私の経験上、名詞より動詞の方が難しいようです。いきなり反復練習させるのではなく、楽しい活動に取り組み、慣れさせてから教えていく方が定着させやすいです。

お勧めの絵本: Ketchup on Your Cornflakes

“Do you like 〜?” の学習に使える絵本です。

ページの上下が分かれていて、別々にめくることができる絵本です。
例えば、最初の絵は “Do you like ketchup (ケチャップ)” が上半分、 “on your cornflakes (コーンフレーク)?” が下半分になっています。
ページを上下同時にめくっていくと、 “Do you like custard (カスタード) on your apple pie (アップルパイ)?” “Do you like ice cubes (氷) on your lemonade(レモネード)?” 等、答えが “Yes, I do.” となる絵が続きます。読み聞かせると、子供たちから自然と “Yes, I do.” と反応が返ってきます。
最後のページは、 “Do you like milk (ミルク) on your chips (ポテトフライ)?” です。これは “No, I don’t.” との反応が子供たちから返ってきます。
「おかしな組み合わせが2ページあったね。」と尋ねると、「最初と最後」と気づく子がいます。最初と最後の上下ページを入れ替えてみると、 “Do you like ketchup (ケチャップ) on your chips (ポテトフライ)?” “Do you like milk (ミルク) on your cornflakes (コーンフレーク)?” となり、全て “Yes, I do.” の組み合わせになります。

この本はここから更に楽しくなります。上下を1枚ずつずらして読んでいきます。
“Do you like ketchup (ケチャップ)” “on your apple pie (アップルパイ)?” “Do you like custard (カスタード)” “in your lemonade (レモネード)?”等々、あり得ない組み合わせになっていきます。 “Do you like toothpaste (歯磨き粉) on your head (頭)?” 等は、悲鳴がでます。かわいい絵も相まって、子供たちは大盛り上がりです。5年生ですと “in” “on” の勉強にもなりますね。
教室に書画カメラがあれば、大画面に映せるので一層効果的です。

お勧めの絵本: FORTUNATELY

“FORTUNATELY” です。日本語訳は、「よかったねネッドくん」です。
“Fortunately” “unfortunately” が交互に繰り返されます。
交互に繰り返されるので、英語のままでもそれとなく内容が理解できるようです。
予想を上回る驚きの展開に、子供たちからも「えー!」の声があがり、盛り上がります。
図書館には、「よかったねネッドくん」の大型絵本がありました。
大型絵本には日本語、英語の両方が記載されていました。

MacのELANデータをWindowsでうまく再生できない問題について

アノテーションソフトELANは、会話分析に欠かせないアプリです。
私は主にMacで使っていますが、研修講師や発表をする際はレッツノートにデータを移します。ところがレッツノートに移した途端、うまく再生できなくなってしまうことが多々ありました。
理由を一つずつ調べたところ、Macで編集したmp3ファイルを、Windowsがうまく処理できないことが原因のようでした。
私は複数の映像データと音声データをPluralEyesで同期し、Final Cut Proでトリミングをして、その上でELANに読み込ませています。どうやらこの行程に原因があるようです。
そこで、mp3ファイルをwavファイルに変換してELANに読み込ませたところ、レッツノートでも同様に再生させることができました。
WavファイルだとELANで波形表示もされます。

アルファベットを2つに分けると

アルファベットの形を2つに分けさせると、いろんな考え方があって楽しいです。子供たちから出された意見です。

大文字

  • 直線だけで構成されている: AEFHIKLMNTVWXYZ
    曲線もある: BCDGJOPQRSU
  • 1画で書ける: CJLMNOPRSUVWZ
    1画で書けない: ABDEFGHIKQTX
  • 2画で書ける: BDGKMNPQRTXY
    2画以外: ACEFHIKLOSUVWZ
  • 小文字と形が同じ: COSVWXZ
    小文字と形が違う: ABDEFGHIJKLMNPQRTUY
  • 左右対称である: AHIMOTUVWXY
    左右対称ではない: BCDEFGJKLNPQRSZ
  • 点対称である: HINOSXZ
    点対称ではない: ABCDEFGJKLMPQRTUVWY
  • 小文字と似ている: CIJKMNOPSUVWXYZ
    小文字と似ていない: ABDEFGHLQRT
  • まっすぐな縦線がある: BDEFHIKLMNPRT
    まっすぐな縦線がない: ACGJOQSUVWXYZ
  • 1本線を増やすと同じ形になる字のペアになっている: CG EF NW OQ PR VY IT
    1本線を増やすと同じ形になる字のペアがない: ABDHJKLMSUWXZ
  • 三角形に似ている: AKMNRVWYYZ
    三角形に似ていない: BCDEFGHIJKLOPQSTU
  • 円が含まれている: OQ
    円が含まれていない: ABCDEFGHIJKLMNPRSTUVWXYZ

小文字

  • 曲線がある: abcdefghjmnopqrsu
    曲線がない: ikltvwxyz
  • 地下(基準線より下の部分)がある: gjpqy
    地下がない: abcdefhiklmnorstuvwxz
  • 1階部分しかない: acemnorsuvwxz
    1階部分以外もある: bdfghijklpqty
  • 大文字と形が同じ: cosvwxz
    大文字と形が違う: abdefghijklmnpqrtuy
  • 文字の中に塗りつぶせる部分がある: abdegopq
    文字の中に塗りつぶせる部分がない: cfhijklmnrstuvwxyz
  • 1角で書ける: a*bcdeghlmnopqrsuvwz
    1角で書けない: fijktxy
    *手書きの “a” [ɑ] の場合
  • 左右対称である: ilotvwx
    左右対称ではない: abdcefghjkmnpqrsuyz
  • 反転できる文字がある: bdpq
    反転できる文字がない: acefghijklmnorstuvwxyz
  • 大文字と似ている: cijkmnopsuvwxyz
    大文字と似ていない: abdefghlqrt

字の形に注目させることで、アルファベットに親しませるきっかけとしたいです。

小学校英語各教科書会社の4線

小学校英語各教科書会社の4線の間隔を調べました。
以下の通りです。

この4線、「地上2階、地下1階」の家に例えて指導します。
小文字を書く際、「1階」部分をよく用います。そのため、「1階」部分を広めにすることで、小学生にも書きやすくなります。
しかし、広すぎると大文字が書きにくいという意見もあります。
教科書会社によって線間の比率が異なります。

Let’s try! We can! アルファベットカードの色分け

Let’s try! 1,2 We can! 1 には、巻末にアルファベットカードがついています。
Let’s try! 1 は大文字のカード、Let’s try! 2 は大文字のカードと小文字のカード、We can! 1 は、大文字と小文字が表裏になっているカードが添付されています。
大文字カードは、図1のように色分けがされています。どんな基準で色分けがされているか、分かりますでしょうか。

(図1)

色ごとに並べ替えると分かりやすいかもしれません(図2)。

(図2)

実は、アルファベットの音で分かれています(図3)。例えば、青色には /i:/ の意図が含まれています。

(図3)

子供たちにカードを切り取らせた後、色ごとに分けさせ、なぜこのような色になっているのか考えさせます。
この活動を通じて音に気づかせることができます。

すると、 “A” は「エー」ではなく /ei/ であること、 “V” は「ブイ(ヴイ)」ではなく、 /vi:/ であること、 “Z” は「ゼット」ではなく、 /zi:/ であること等に気づくことができます。

このカードを用いて、「アルファベットの導入」(別記事)に取り組みます。また、「身近なアルファベット探し」(別記事)に繋げることができます。

“Can you ~?” を指導する順序

“Can you swim?” の “swim” に当たる箇所には動詞が入ります。
動詞には自動詞と他動詞があります。
自動詞に目的語は要りませんが、他動詞には目的語が必要です。

順序としては、自動詞から指導する方が児童の負担が少ないです。
“Can you swim?” “Can you jump?” “Can you run?” “Can you dance?” 等です。

自動詞を用いた対話活動を行い、 “can” に慣れたら他動詞に入ります。
“Can you play baseball?” “Can you eat tomatoes?” 等です。
楽器には定冠詞が付くので、他動詞に慣れてから用いる方が分かりやすいです。
“Can you play the piano?” 等です。

その次に、副詞を導入します。
“high” “fast” “well” 等です。
自動詞の方が用いやすいです。
“Can you swim fast?” のようになり、曖昧さがなくなります。

なお、定冠詞なしの楽器の表現もあります。
“play piano.” → ピアノを演奏するプロに対して尋ねる場合。
“play a piano.” → ピアノを、楽器としてではなく、ピアノで遊ぶ場合。
いずれも、特殊な状況になります。