地元の駅名から、ローマ字について考える教材を作成しました

地元兵庫県の駅名を使って、ヘボン式と訓令式ローマ字の教材を作成しました。

JR豊岡駅には、国鉄時代の標識が残っています。
「豊岡」→TOYOOKA
標識には、両隣の駅も表示されています。
「こくふ」→KOKUHU
「げんぶどう」→GEMBUDŌ

この写真から気づいたことを読み取らせます。

  • 全て大文字
  • 「こくふ (KOKUHU)」の「ふ」が “HU” (訓令式)。
  • 「げんぶどう (GEMBUDŌ)」の「ん」が “M” (ヘボン式)。
  • 「げんぶどう」の “Ō”。 “O” の上に線がある。
    ※これはマクロンといいます。ヘボン式のルールに入っています。
  • (兵庫県豊岡市)と,標識に県・市が書かれている。
  • “TOYOOKA” の中に “O” が2つ並んでいるのはOK?
    ※長音ではないので,OKです。
  • “K” の文字が小文字っぽい。

次に、現在(JR)の駅標識を提示し、違いを読み取らせます。

  • 頭文字(かしらもじ)だけが大文字。
  • 「こくふ」の「ふ」が “fu” (ヘボン式)。
  • 「げんぶどう」 “o” の上に線(マクロン)はそのまま。
  • 「兵庫県豊岡市」という、県・市の表記がなくなった。
  • 青い色(JR西日本のシンボルカラー)が入った。

かつての国鉄では訓令式ローマ字とヘボン式ローマ字が混ざっていました、現在はヘボン式ローマ字になっていることを確認します。

ところで、玄武洞駅(Gembudō)の “o”には横線(マクロン)が入っています。これは、通常使われていません。
では、他の駅にマクロンが入っているかどうか、クイズを出します。

  • 「きょうと」駅 (JR西日本)の「う」にマクロンは入っていると思いますか。
  • 新幹線の「きょうと」駅 (JR東海)の「う」にマクロンは入っていると思いますか。
  • 「とうきょう」には「う」が2つあります。「とうきょう」駅 (JR東日本)の「う」にマクロンは入っていると思いますか。

JR西日本の「きょうと」は、「げんぶどう」と同じ会社なので、マクロンが入っているという予想もあります。ですが、新幹線の「きょうと」や「とうきょう」は外国人観光客も多く、有名なのでマクロンがないという予想が多いです。

それぞれの駅標識の写真を提示します。答えは、全て入っています。
JRのルールでは、長音にマクロンを入れることになっているようです。

では、なぜマクロンは普段使われていないのでしょうか。
例えば、パスポートの名前表記にマクロンは使われません。
どうやら、話者の多い言語にマクロンが用いられていないから、というのが理由の一つのようです。
パソコンで入力しようとすると、一々文字パレットから入力する必要があり、煩雑です(マオリ語やラトビア語にはありるので、対応したキーボード設定なら入力もしやすいと思います)。
一方、訓令式ローマ字のサーカムフレックスはフランス語、ポルトガル語、ベトナム語等で用いられており、パソコンでの入力も簡単です。
例えば、訓令式ローマ字で「げんぶどう」は “Genbudô” となります。 “o”の上の “ˆ” がサーカムフレックスです。小学校3年生の国語の授業で習いますね。

なお、JR以外の「きょうと」「とうきょう」表記に、通常マクロンは使われません。
近鉄京都駅、丸ノ内線東京駅、東京駅近くの信号、東京国際空港(羽田空港)、の標識の写真を提示します。
全てマクロンが使われていません。そして、ヘボン式ローマ字での長音の表記について再度確認をします。