What would you like? カード交換ポーカーゲーム

“What would you like?” の単元で、教科書添付のカードを使った簡単なゲームです。

  1. 児童にカードを5枚選択させ、記名させます。
  2. 大型ディスプレイに全てのカードの絵を提示しておきます。
  3. 児童が相手に “What would you like?” と尋ねます。尋ねられた児童は大型ディスプレイの絵を参考に、 “I’d like hamburger.” 等と答えます。
  4. 尋ねた児童が “hamburger” のカードを持っていたら、相手に渡します。
  5. ターンを交代し、質問と答えの対話を行います。
  6. 次々とペアを交代します。

このように、相手のカードを当てるゲームです。相手のカードを当てると自分のカードが増え、当てられるとカードが減ります。

ゲーム終了後、枚数を確認します。最も多く持っている児童が優勝となります。
次に、ポーカーのように組み合わせを尋ねます。

  • 「1ペア」は、ペアとなる組み合わせが1組ある状態です。
  • 「2ペア」は、ペアとなる組み合わせが2組ある状態です。
  • 「3カード」は、同じカードが3枚ある状態です。
  • 「フルハウス」は、「1ペア」と「3カード」の組み合わせです。
  • 「4カード」は、同じカードが4枚ある状態です。

ポーカーの優勝者を確認後、2回戦をします。「相手が当てにくいカード」を考えるので、楽しめるゲームです。

このゲームの利点は、用いるカードが5枚だけなので、準備の時間が少なくて済むことです。また、ゲームを通して “What would you like?” “I’d like 〜.” の対話を何度も行うので、自然に表現が定着します。
このゲームを行った後、全てのカードを使うゲームに取り組むと、カードを切る時間を分けられるので、効率的に授業を進めることができます。