What would you like? リアル買い物アクティビティ

買い物に関する表現が、児童に一通り定着した後、リアル買い物アクティビティに取り組みます。

英語教室には職員サンプルのハンバーガーやジュース、百均で購入した果物や寿司等のおもちゃがあります。教卓に食べ物のサンプルを並べ、お店のようにします。
百均で購入した財布4つに、教材用のお札を入れます。入れる金額は、財布によって変えます。

まずは、教師が店員役をします。客役をしたい児童4人に、財布を選ばせます。
児童は財布の中身を確認し、持っている金額に合わせて買い物をします。

“May I help you?” “Yes, please.”
“What would you like?” “I’d like 〜.”
“Here you are.” “Thank you.”
等の対話をしながら、買い物のシミュレーションをします。

次に、店員役も児童にさせます。金額も児童に考えさせると、とても楽しいアクティビティになります。